前へ
次へ

営業系の転職はよくあることです

転職してくる人の職種として、よくあるものが営業系の仕事です。
営業系の仕事をしている人は、次の職場でも営業系を希望する人が多いのが現状であり、特に同じ分野の職種に就くことが多いです。
というのも、これまでのキャリアを生かせるという点で、本人と求人をだした企業のニーズが一致するからともいえます。
営業系の仕事をしている場合、これまでの得意先と関係ができている場合には、次の職場でも取引につながりやすく、採用企業としてもメリットが大きいわけです。
つまり、営業系の人を積極的に採用することが、売り上げアップにつながる可能性があり、新たな新規開拓をするよりもハードルが低くなるわけです。
そのため、求人広告を見ていると、売り上げアップを目指したい会社では多くの営業系の求人を増やすこととなり、魅力的な給与を提示することも多くなっています。
こういったことを繰り返しながら、回っている職種が営業系の特徴ともいえるわけです。

Page Top